婚活でボディタッチはNG?嫌がられる3つの理由や自然に触れる方法を紹介!

ボディタッチの方法のサムネイル画像 婚活の悩み

ボディタッチって難しいと感じた事はありませんか?

男性は「ボディタッチに弱い」とよく聞くものですが、どんな場面で使えばあざとく思われないか?そもそもどのようにボディタッチすればよいのか?

婚活やパーティ、合コンでは限られた時間の中でいかに自分をアピールするかが鍵ですよね。
恋愛のテクニックの1つにボディタッチで相手に自分の好意を見せる法法があるので、試してみようと思うかもしれません。

ですが、婚活と恋愛の駆け引きは全く別物で、ボディタッチはNGだと考えられています。
そこで、なぜ婚活でボディタッチはNGなのかその理由と嫌がられずにボディタッチする方法をご紹介します。

婚活でボディタッチは嫌がられる理由

男性が不快に感じている画像

婚活でボディタッチを嫌がられる理由は、大きく分けて3つあります。

・あざとい
・初対面では相手と距離感を取りたい
・警戒する

ボデイタッチをした時に、この感情を相手に抱かせてしまうと、なかなか婚活はうまくいきません。
一方で、相手がどう思いそうなのかを良く理解することで、そうならない対策もできるんです。
3つの理由それぞれお伝えしてしていきます。

あざとく感じて嫌だ

婚活をしているわけですから、とにかくスピーディーに相手に対して好意を伝えたいと思うものです。

そこで、ボディタッチをすることで気軽に距離感を縮めることができると思う人も多く、会話の端々で腕や肩に触れることもあります。

ですが、相手にとってはあからさまに「自分を異性として見ている」とわかる代わりに、「気軽に異性に触る人」思われます。

婚活は、真剣な出会いを求めにいくわけですから、お互いが慎重に相手を見極めたいと思ってるのです。
なのに、気軽に体に触れられると恋愛テクニックを駆使されているようで「あざとい」と感じて、あまり良い印象を与えません。

初対面だとパーソナルスペースが広い

人間には、それぞれパーソナルスペースと呼ばれる対人距離が決まっています。

広ければ広いほど、初対面の相手とは距離感を持ちたいと思っていて、相手との関係性によってパーソナルスペースには違いがあるのです。

婚活の場合、その日が初対面の人と会うため、比較的普段よりもパーソナスペースが広くなる場合が多く、そんな状態でボディタッチをされると「え?何?」とマイナスな印象を与えてしまいます。

もともと距離感の近い遠いは個人差があるので、相手を良く見極めていないと婚活が失敗しやすくなりますよ。

「何目当て?」と警戒される

男性でも女性でも、婚活の場でボディタッチされると「体目当て?」とか「勧誘?」などあらぬ方向に疑いが頭の中に浮かぶものです。

ボディタッチしている側としては「距離を縮めたい」と思っているだけだったとしても、受け取っている側が警戒するとそれ以上は距離感が縮まりませんし、逆に離れていきます。

警戒心を一度持った相手に再度信頼させるためには、相応の時間がかかりますし、婚活の場合はライバルも存在しているので、難しいです。

気軽なボディタッチは、どうしても「この人軽い」という印象になりがちだといえます。

嫌がられずに自然とボディタッチする方法

婚活でボディタッチはちょっと嫌がられてしまう傾向があるのはわかりましたが、ボディタッチ自体は相手をドキドキさせる手法として効果的です。

過度なボディタッチはNGだとしても、婚活を有利に進めるために自然に触れる方法をご紹介するので、参考にしてみてください。

会話が盛り上がってきた頃に軽く触れる

男女の会話が盛り上がっている画像

婚活は、相手との会話がキーポイントになります。短い時間かもしれませんが、会話をすることで「この人ともっと話がしたい」という感情が沸き起これば、その次も会える可能性が高いです。

会話だけじゃ自信がない…という人は、ちょっと会話が盛り上がった時に冗談のように腕に触れてみましょう
腕だとそこまで嫌な気分にはなりませんし、会話の流れで触れたのであればあまり気にされません。

でも、ちょっと触れられたという事実が意識の中に残るので、相手にドキドキ感を与えることができます。
ポイントは、何度も触れないことです。

会話の中で「ここぞ」という盛り上がりポイントの時にだけ触れるようにすると、相手に悪い印象を与えずにボディタッチができます。

理由を作ってさりげなく距離感を狭める

女性がさり気なく男性の肩を触る画像

ボディタッチというのは手で相手に触れることだけではありません。お互いの腕や肩が触れるだけでも、十分に相手をドキドキさせることができます

そんなに距離が近くなることもないのでは?と思うかもしれませんが、近くなる理由を自分で作ることが大事です。

例えば、携帯電話に保存されている旅行先やペットの写真などをそれとなく見せるような流れを作ると、距離を近づけやすくなります。

人は、異性が近くにいると「自分に興味を持っている?」と感じやすくなります。
肩や腕が触れる距離になることによって、相手に関心を伝えることもできますし、警戒されずに触れることもできるんです。

婚活で効果的なボディタッチはさりげなさがポイント!自然体を意識しよう

男女が公園で寝ている画像

婚活でボディタッチが嫌がられてしまう理由や自然に触れる方法をご紹介しました。

婚活の場合、一般的な恋愛のスタートとは違うので方法によってはボディタッチがマイナス効果をもたらしてしまうことはよくあります。

そのため、あまりにも積極的なボディタッチではなくて、自然の流れで思わず触れるようなボディタッチを意識してみましょう。

婚活でも相手をドキドキさせることが、興味を持ってもらう第一歩なので試してみてくださいね。