【悩み解決】自分の家族に難がある場合の婚活の仕方

婚活 婚活の悩み
ノッツェ_40代 女性
30代 女性

自分の姉が精神障害者で、時折怒鳴ったりしてきます。

母は既に亡くなっており、父は末期ガンと宣告されています。

こういう自分の家族が大変な状態の時、相手をどうやって探せばいいんでしょうか?

この方のように、自分の家族が大変な状態にあると、婚活をしても敬遠されたりしないか不安ですよね。

今回は、そんな方のために自分の考えを説明します。

皆さんのお役に立てればと思います。

自分の考え

結論としては、もし自分がこのような状況にあったら、ものすごく年上で人一倍包容力がある方にターゲットを絞りましょう。

理由

なぜなら、一般的に、年齢は重ねるほど経験が豊富になり、色んな苦難を経験している可能性が高いからです。

この方のように、家族がみんな大変な状況にあると、自分が世界で一番辛い、と思えるくらい辛いと考えているかもしれません。

しかし数多くの経験をされている方からすると、もしかしたら、こんな状況は自分も経験がある、だったり自分はもっとひどい状況だった、という方がいるかもしれません。

なかなか自分が当事者になると難しいかもしれませんが、客観的に考え、解決策を考えるときに、やはりこのような自分以上の経験を持った方は大変助けとなってくれ、理解もしてくれる可能性が高いです。

大変な状況にあった男女が結ばれやすいのも、同じようにこの共感というのがあるからだと思います。

自分が大変な状況にあるからこそ、この共感というのを自分の武器にし、同じような事を経験されているか、自分以上の辛い経験をしており包容力のある方にターゲットを絞り、理想の相手を見つけましょう。

まとめ

今回は、自分の家族がトラブルに合っていたり、家族との関係が良くなかったりと大変な状態にある方のために、どのように婚活をしたら良いか自分の考えを書いてきました。

婚活をしても敬遠されたりしないか不安だと思いますが、何事も考えようによってはプラスにもなるので、ぜひ前向きに捉えてみてください。

皆さんのお役に立てればと思います。

なお、自分がオススメするオーネットでは、リーズナブルな価格で、たくさんの会員の方と出会う事ができます。
ぜひ下記記事をチェックしてみてください。

楽天オーネット口コミと体験して分かった結婚できる人か判断する8つのこと! | 結婚相談所トーク