離婚の辛い時期いつまで続く?離婚の辛さを乗り越え立ち直る方法

離婚が辛いサムネイル画像 婚活の悩み

離婚した後、ふっと「なんでこんなに辛いのだろう。早く解放されたい。」と思ったことはないでしょうか?

男女関係なく、こう思っている離婚経験者は多いようです。

離婚の辛さから立ち直った人たちの経験談から解決への糸口を見つけ出すことができます。

そこで、離婚の辛い気持ちがいつまで続くのか、それを乗り越えて立ち直る方法はあるのかということについて考えてみました。

離婚が増えている背景

別れ話をする夫婦の画像

以下のデータのとおり、50年ほど前と比較すると、近年、結婚する人が減ってきているのに、離婚する人は増加しています。

年次婚姻件数(単位:組)離婚件数(単位:組)
昭和44年(1969)984,142 91,280
令和元年(2019)583,000210,000

※厚生労働省の令和元年(2019)人口動態統計のデータを参照。

 

この背景は、離婚する夫婦の年代により変わってきます。

離婚件数順位年代離婚の増加の背景
1位30代、40代

■人生の中間地点で今後の生き方を見直す時期であること
■まだ若く再出発も可能であること
経済的に余裕もあること

2位20代おめでた婚が多く、金銭的余裕がないこと
3位熟年

■相手の親の介護の問題
年金分割制度が新設されたこと

離婚が辛い理由とは?

自分で納得して離婚したはずなのに、なぜ辛いと感じるのでしょうか?

その理由を検証してみましょう。

一人になる寂しさ

離婚して辛いと感じる瞬間はどんなときが多いでしょう。

■仕事や遊びの外出から疲れて帰宅したときに、一人で寂しく家にいるとき
■外出先で幸せそうな家族の姿を目にしたとき
■うれしいことや悲しいことがあったときに想いを共有できないとき

誰かと暮らしていたぬくもりを知っているからこそ、一人になった寂しさで辛いと感じてしまうのです。

生活費や将来のお金への不安

財布とお金の画像

女性の場合、婚姻時に共働きだった人は、離婚してもあまり収入に影響は出ないと思います。

専業主婦だった女性は、離婚すると就職して、仕事をしなければなりません。

生活していくだけの収入が得られる仕事につけるかという不安もあります。

子供がいる場合は、子供の養育費もかかり、余計に生活が苦しくなります。

最近は、離婚しても別れた元夫から十分な養育費をもらえないケースもあります。

子供の教育費や子供が小さければ保育費などがかかり、生活費など経済的に苦しくなり、将来のことが不安になって、離婚が辛いと感じてしまうのです。

周囲の偏見や社会的評価

男女に関係なく、離婚をすると周囲の評価はマイナスになることが多いです。

離婚をした相手に原因があったとしても、我慢をできなかったあなたに原因があるという偏見を持たれてしまいます。

逆に周囲に過剰に気を使われることも当事者としては居心地が悪いものです。

本人は離婚前と同じ接し方を望んでいても、周囲が変わってしまうことは、いやなものです。

子供や親に辛い思いをさせてしまう

たとえ本人が平気だったとしても、子供や親が自分の離婚によって密かに悲しんでいる姿を見たときは辛いと感じてしまいます。

自分が悲しむよりも、自分のせいで自分が大切に思っている人に悲しい思いをさせることの方がより辛い気持ちが増幅します。

離婚の辛い気持ちはいつまで続くのか?

女性がショックを受けている画像

離婚が辛いと思っているとき、この辛さがいつまでも続くのではないかと心配になってしまうものです。

そんなことはありません。

止まない雨がないように、離婚の辛い気持ちも時が経てば風化していくものです。

離婚経験者の体験談を集計してみると、1~2年くらいで辛さが消えるようです。

半年という人もいれば、5年かかったという人もいます。

人それぞれ別れた理由や離婚後の環境も違うので、ひとくくりにはできません。

しかし次にご紹介する方法を実践すれば、辛い気持ちを早く乗り越えられます。

※以下、離婚経験者の体験談(口コミ)です。

離婚の辛い気持ちを乗り越えて立ち直る方法

離婚したことで辛い気持ちを抱いてしまうのは仕方のないことです。

では辛い気持ちを乗り越えた人は、どのような方法で立ち直ったのでしょう。

時間が解決してくれる

離婚して立ち直った人の大多数が、どんなに辛くても時間が解決してくれると口にします。

人間はどうやら辛いことはいつか忘れられるという心の構造になっているようです。

だから安心してください。

懸命に生きていれば、時間の経過が辛さをいつの間にか忘れさせてくれます

新しい環境・体験・出会いがポイント

離婚で辛い思いをして立ち直る方法について解説します。

ポイントは「環境」「体験」「出会い」の3つです。

立ち直る方法

具体的活動

新しい環境

■働き始めること~新たな職場環境
■引っ越しをすること~新たな住環境
■ひとり暮らし
■子供との生活

新しい体験

■友人と食事や旅行に出かける
■新しい習い事や趣味
■新しい街の散策、お店探訪

新しい出会い

■新しい職場での新たな人間関係
■再婚のための婚活

 

新しいことに触れることにより、辛い気持ちを早く乗り越えることができます。

離婚の辛さを思い切って友人や家族に相談して「辛い、助けて」と言ってみることも大切です。

また、最も効果的な方法は、

新たな恋愛に巡り合えれば、離婚したのはこのためだったのだと確実に思える!

まずは、現在自分が恋愛ができる状況なのか、次のパートナーはどんな人が適しているのか?を把握することから開始して下さい。

ここでおすすめしたいのが、結婚チャンステストという無料のツールです。

メリットは「診断テスト」「パートナーの紹介」が無料で体験できます。実際に会わなくてOK!入会もしなくてOKです。

離婚の辛い気持ちの続く時期と辛さを乗り越え立ち直る方法のまとめ

今回は、離婚の辛さが1年くらい続くこと、それを乗り越えるためには時間と新しい出会いや体験が必要なことを説明しました。

人生は本当にいろいろなことがあります。

離婚は決して珍しいことでも、悪いことばかりでもありません

今すぐには前向きになれなくても、それを経験して乗り越えた人たちがたくさんいるということを知っているだけで少しだけ心が落ち着きませんか

あなたも思い切って新しい出会いに一歩踏み込んでみてはいかがでしょうか