彼女と結婚したい!失敗してはいけないプロポーズのタイミングから段取りまで徹底解説

プロポーズのタイミングから段取りまで 婚活の悩み

「いよいよ覚悟を決めた!」

「プロポーズっていつしたらいいの?」

「プロポーズにベストなタイミングはあるの?」

このように悩んでいる方もいるでしょう。

女性はプロポーズの瞬間を夢見ていたり、とても大切にしている人が多いですから、ベストなタイミングは存在します。

結婚式の時にも「プロポーズの瞬間はどんな感じだったか?」という映像をプレイバックして流したりもしますよね。

記念すべき日にしましょう。

この記事では、女性が喜ぶプロポーズのタイミングについて詳しく説明します。

両親への挨拶にフォーカスした記事はこちらから↓

結婚に繋げるプロポーズのタイミングってずばりいつ?

告白も成功させるためにはタイミングが必要だったように、プロポーズにもタイミングが重要です。

以下のようなタイミングが女性も喜ぶタイミングでしょう。

プロポーズのタイミング
・付き合って1年~2年経った頃。
・じっくり考えたいなら付き合って3~5年。
・女性の結婚適齢期。
・周囲が結婚ラッシュの時。
・彼女との結婚生活がイメージできた時。
次の章から詳しく説明していきます。

付き合って1~2年経った頃

一番多いのが、付き合って1~2年以内でプロポーズするカップルです。

2年を過ぎてしまうと「結婚のタイミングを逃してしまっている」と考える女性も少なくありません。

次に多いのが半年以内なので、結構みんな早い段階で結婚を意識するようですね。

じっくり考えたいなら付き合って3~5年

結婚は一生のことなので、相手のことをよく理解してから決めたいという方もいるでしょう。

特に20代前半の女性は慎重に考えている人も少なくありません。

ですが、逆に30歳を目前とした女性もしくは30歳以上の方は、結婚適齢期を過ぎてくるので「早く結婚したい」と思っている人が多いですよ。

女性の結婚適齢期

男性の結婚適齢期は、20代後半から30代前半。

女性の結婚適齢期は、20代前半から20代後半が一般的です。

最近では、30歳前後で結婚する女性も多いですが、20代後半から30歳手前までの間に友人たちの結婚ラッシュも相次ぐので、女性としては焦ってくる年代です。

ですから、それくらいの年齢までにプロポーズをするとベストでしょう。

周囲が結婚ラッシュの時

友人や同僚たちの結婚式がたくさん催されてくると、結婚に対する意識や焦りも感じ始めますね。

また、友人たちの幸せな笑顔に感化されることも少なくありません。

自分の結婚を意識し、彼女にプロポーズするタイミングとも言えます。

同年代の結婚ラッシュであれば、あなたも結婚するべきタイミングでしょう。

彼女との結婚生活がイメージできた時

彼女が美味しい手料理を食べさせてくれたり、生活感が垣間見えた時。

病気の時に看病してくれたり、自分の両親と仲良く話している時など、あなたの妻となるイメージを沸いた時に結婚を決意しプロポーズしても良いでしょう。

彼女ではなく、あなたの方のタイミングにはなりますが、そんな気持ちが沸いた時に結婚を決意することで幸せな結婚をすることができるでしょう。

結婚を決意したプロポーズの段取りは?

プロポーズを成功させるためには、行き当たりばったりではいけません。

一世一代のプロポーズですから、彼女も大いに期待しているに違いないからです。

サプライズまでは用意しなくても良いかもしれませんが、失敗しないために準備は万全にしておきましょう。

プロポーズの段取り
① プロポーズのタイミングを決める。
② プロポーズをする場所を決める。
③ プロポーズする時にプレゼントするものを用意する。
④ スタッフの人と事前に打ち合わせをする。
⑤ プロポーズする。
次の章から詳しく説明していきます。

プロポーズのタイミングを決める

まずは、プロポーズのタイミングを決めることが大切です。

実際には、「何でもない日」にプロポーズする方も多く、2人にとってタイミングが良い日にする人が多いです。

しかし、「付き合った記念日」や「キスした記念日」など二人の記念日したり、誕生日やクリスマスなどの行事にプロポーズするのも特別感を演出できて良いでしょう。

中にはサプライズやロマンチックな演出に憧れる女性もいますから、サプライズがないと残念に感じてしまうかもしれません。

しかし、逆にサプライズが苦手な女性もいるので、彼女がどちらか見極める必要はありますね。

プロポーズする場所を決める

プロポーズは記念になるような場所でするのがおすすめです。

・二人の思い出の場所
・オシャレなレストラン
・高級ホテル
・夜景が見えるロマンチックスポット

注意ポイントは、人気のレストランやホテルの場合はクリスマスなどのイベントシーズンであれば、2~3ヶ月前から予約を取らなければいけないことを念頭に置いておきましょう。

プロポーズする時にプレゼントするものを用意する

プレゼントを用意する人は、ショップから受け取るのに時間がかかるものもあることをイメージしておきましょう。

例えば、婚約指輪であれば既製品の取り寄せで1~2週間、セミオーダーで最低1~2ヶ月、フルオーダーで最低2~3ヶ月かかります。

プロポーズの日に間に合わないということにならないように注意してくださいね。

スタッフの人と事前に打ち合わせをする

レストランやホテルでケーキプレートの準備やサプライズでやりたいことがある場合には、事前にお店のスタッフの人と打ち合わせをしておきましょう。

事前に知らせず勝手にやって怒られたりしたら、折角のプロポーズも台無しです。

プロポーズする

当日は、普段の服装とは違いきちんとした服装が良いでしょう。

オシャレなレストランや高級ホテルでするならばスーツで、普通のデートならばジャケパンスタイルが良いでしょう。

そして、プロポーズのタイミングは、食事の時にするならば会話も盛り上がり食後のデザートを食べ一息ついた後が良いです。

夜景が見えるロマンチックな場所へ行き、夜景を楽しんだ後にプロポーズするのもおすすめです。

プロポーズのタイミングで一緒にプレゼントするものは?

女性は、意外とプロポーズはプロポーズだけでプレゼントは「なし」でも良い方もいるようですが、折角なのでプロポーズの記念なるようなものをプレゼントしたいですよね。

次のようなものをおすすめします。

プロポーズと一緒にプレゼントするもの
・婚約指輪
・ダイヤモンド
・花束
・手紙
・婚姻届
・指輪以外のオシャレなアクセサリー
次の章からこの6点について詳しく説明します。

婚約指輪

やはり、定番なのは「婚約指輪」。

「給料三ヶ月分」なんて、昔からいいますよね。

ダイヤモンドや彼女の誕生石をあしらった婚約指輪が良いのではないでしょうか。

ただし、サイズが合わなかったり好みが合わなかったりとする場合も実際にあるようです。

サプライズでプレゼントするのであれば、彼女の指輪のサイズや好きなブランドはリサーチしておきましょう。

ダイヤモンド

驚かれるかもしれませんが、加工していない「ダイヤモンド」をそのまま渡すというのも最近のトレンドなんですよ。

女性は指輪のデザインなどにもこだわりがある方も多いので、そのダイヤモンドを持って、一緒にショップへ行って加工してもらいます。

素敵な思い出が増えますよね。

花束

花束も定番でしょう。

映画などで「100本の赤いバラを君に」なんてクサイ台詞で渡すシーンなどが思い浮かびます。

実際には、花言葉を考えて花束をこしらえると良いですよ。

例えば、108本の赤いバラで「あなたを愛しています。結婚してください。」という意味を込めることができます。

他にもおすすめなのが、ピンクのガーベラ「熱愛」やひまわり「あなただけを見つめている」、マーガレット「真実の愛」などもおすすめです。

逆に絶対にあげてはいけない花は、マリーゴールド「絶望」、黄色いチューリップ「報われぬ恋」です。

手紙

いつもは恥ずかしくて彼女に言えないような、「好きという気持ち」や「感謝の気持ち」を手紙にしたためてみてはいかがでしょうか。

どんなプレゼントよりも大切な手紙になるに違いありません。

婚姻届

プロポーズは「結婚して欲しい」という気持ちですから、婚姻届をダイレクトに渡してもいいかもしれませんね。

プロポーズの返事は、「これで」という意味にもなるでしょう。

指輪以外のオシャレなアクセサリー

「ダイヤモンドのネックレスなどが欲しい」という女性も多いです。

アクセサリーは、いくつあっても良いですからプレゼントしたら喜ばれるでしょう。

<まとめ>プロポーズのタイミングはお互いがベストなタイミングで

プロポーズは二人のスタートとなる日です。

ですから、プロポーズのタイミングはお互いが良い日にしたいものですね。

ただし、男性と女性とで結婚適齢期が違い、女性の方が早く迎えます。

女性は結婚に対して早くから意識している人が多く、周囲の結婚ラッシュで気持ちが焦ってしまうので、その点も考慮してプロポーズのタイミングを決めると喜ばれるでしょう。

一般的に付き合ってから1~2年でプロポーズする人も多いです。

そちらも参考にしてみてくださいね。