結婚の平均年齢は上昇傾向!35歳以上の出産リスクは男女ともに関係している

結婚相談所

周りがドンドン結婚していったり、年齢的にと結婚を考える人が多いと思います。
でも仕事が忙しくて中々結婚は考えられないのも事実。

同じ気持ちの人は多く、毎年結婚の平均年齢は上昇しています。

「実際に何歳ぐらいで結婚する人が多いのか?」
「子供が欲しいなら何歳までに結婚するのがいいのか?」
など厚生労働省など信用性の高いデータを元に紹介します。

結婚の平均年齢【男女別データ】

相手の婚姻歴男女別 結婚平均年齢
夫婦とも初婚夫30.7歳 妻29.0歳
夫初婚-妻再婚夫35.9歳 妻36.0歳
夫再婚-妻初婚夫39.6歳 妻32.9歳
夫婦とも再婚夫46.5歳 妻42.7歳

参考資料:平成28年度 人口動態統計特殊報告「婚姻に関する統計」の概況

このデータから分かる通り、結婚する相手の婚姻歴によって平均年齢は変わります。
例え、あなたが初婚でも年齢が高くなるにつれ初婚同士での結婚は難しくなり、再婚を望む相手としか結婚できなくなる可能性があります。

急ぐ必要はありませんが、初婚同士で結婚したいと考えているなら早めに行動しておいたほうがいいでしょう。子どもを産むリスクもありますので。

ちなみに平成の初め頃は、初婚同士の結婚平均年齢は男性28歳女性25歳と今よりも約5歳も低く晩婚化が進んでいます。

結婚の平均年齢【都道府県別】

ここでは、都道府県別の結婚平均年齢を紹介します。
都心部は比較的年齢が高くなる傾向にあるようです。

結婚平均年齢が遅い都道府県ベスト5

遅い順男性女性
第1位東京(32.4歳)東京(30.5歳)
第2位神奈川(31.9歳)神奈川(30.1歳)
第3位埼玉(31.5歳)京都(29.7歳)
第4位千葉(31.5歳)高知(29.7歳)
第5位山梨(31.3歳)埼玉(29.6歳)

結婚平均年齢が早い都道府県ベスト5

早い順男性女性
第1位宮崎(29.9歳)山口(28.6歳)
第2位山口(30.1歳)福島(28.6歳)
第3位佐賀(30.2歳)宮崎(28.7歳)
第4位愛媛(30.2歳)愛媛(28.7歳)
第5位香川(30.2歳)和歌山(28.7歳)

地方のほうが、比較的結婚する年齢は早いようです。
今後、もし地方にお住まいで結婚平均年齢を越え、婚期を逃しそうという場合は都心部へ婚活しに行くのも一つの手かもしれません。

男女ともに35歳を過ぎると子供が望めないかも

結婚後に子供が欲しいと思っている方は、出来るだけ35歳までに出産しないと産むことが困難になります。
その理由について、男性も関係していますので男女別に子供が望めたい可能性について参考資料よりお伝えします。

男性の場合

男性_妊娠
精子は、思春期以降、高齢になっても毎日新しくつくられているため老化はしないと思われているかもしれませんが、実は精子も加齢とともに徐々に機能が低下します。精巣の大きさも少しずつ小さくなり、男性ホルモンをつくる力も緩やかに弱くなっていきます。
1日に作られる精子数は年齢とともに減少すると言われていますが、精液量も減るので精子濃度はあまり変わらないとされています。
たとえ運動精子が存在していても、その精子の機能が低下していると体外受精などによる受精率や妊娠率が低下する可能性があります。また、男性も35歳を過ぎると不妊治療による出生率が下がるという報告もあります。女性の年齢や他の要因を除き、男性の加齢によって自然流産のリスクが上がるという症例研究も比較的多数報告されています。子どもを望んでいるかたは一度ライフプランを作ってみてはいかがでしょうか。「子をつくる」タイミングに関して向き合うことができるかもしれません。

男性_精子量_流産

引用:丘の上のお医者さん「やくしまる先生に聞こう!妊娠・出産の正しい知識」

女性の場合

女性_高齢出産
妊娠しても、ある一定の確率で流産が起こります。第1回目の投稿でもお話ししたように、男性の加齢でも多少の影響がありますが、女性の加齢による影響は、より大きいと言われています。

25〜34歳のグループで流産率がもっとも低くなっています。35歳以上のグループで、有意な差を持って高くなっています。有意な差ではないのですが、24歳以下のグループで少し高いのは、10代の妊娠が影響しているからだと思われます。10代はまだ、妊娠出産するには未熟性がある可能性が高いからでしょう。30代後半からは、流産率は加齢にともない著しく上昇します。この時期は、胎児の染色体異常が原因であることが多いと言われています。

引用:1 more baby応援団「心配だからこそ知っておくべき 妊娠・出産の正しい知識(監修:国立成育医療研究センターで周産期・母性診療センター副センター長 齊藤英和)」

紹介した内容のように、今までは女性だけの問題と思われていた出産のリスクは、実は男性も大きく関係していたことが分かりました。
男女ともに、子供を望む場合は35歳に子供を授かる計画のもと婚活をしたほうがいいかもしれません。

さいごに

結婚は子供を欲しいから、婚期を逃すから誰でもという理由で結婚しないほうがいいと思いますよ。

相手と生涯をともにするので、子供のためだけでなく一生寄り添える相手か考えた上で結婚してほしいです。

離婚になって後々嫌な思いになるのは、相手だけでなくあなたの子供も関係することになりますので。

なので、結婚平均年齢は参考までにしておいて本当に好きな人を見つけて結婚というゴールを目指しましょう。