結婚相談所を徹底比較!料金・会員数・成婚率を調査【2019年最新版】

結婚相談所

結婚相談所比較!最もおすすめの結婚相談所は?

後悔しない結婚相談所を選ぶためには、料金がお得・会員数が多い・成婚率が高いことが大前提。そこで、結婚相談所トークで紹介している大手の結婚相談所を比較してまとめました。

結婚相談所の料金比較



結婚相談所名初期費用月額費用成婚料年間費用公式サイト
詳細記事
ZWEI (ツヴァイ)80,000円〜
145,000円(税別)
10,500円〜
10,900円(税別)
0円210,800円〜
271,000円(税別)
楽天オーネット50,000円〜
106,000円(税別)
10,300円〜
13,900円(税別)
0円173,600円〜
272,800円(税別)
パートナーエージェント50,000円〜
125,000円(税別)
11,000円〜
16,000円(税別)
50,000円(税別)132,000円〜
317,000円(税別)
ゼクシィ縁結びカウンター30,000円(税別)9,000円〜
23,000円(税別)
0円138,000円〜
306,000円(税別)
エン婚活エージェント9,800円12,000円全プラン0円153,800円
NOZZE(ノッツェ)53,500円〜
77,500円(税別)
3,000円〜
19,500円(税別)
※一部コース
100,000円(税別)
89,500円〜
431,500円(税別)
IBJメンバーズ165,000円〜
380,000円(税別)
15,000円(税別)200,000円345,000円〜
560,000円(税別)
サンマリエ180,000円〜
200,000円(税別)
15,000円〜
17,000円(税別)
200,000円360,000円〜
404,000円(税別)
+お見合い料:0円〜4,000円
+成婚料:200,000円
SEISHIN(誠心)131,000円23,500円0円396,000円
MARRIX(マリックス)180,000円〜
250,000円
2,000円〜
120,000円
50,000円204,000円〜
1,690,000円

結婚相談所の料金比較で、年間で利用した時に1番安いのはNOZZE(ノッツェ)。
しかし通常は1人紹介毎にお金は掛からないのに対し、NOZZE(ノッツェ)は紹介してもらう人数によって費用が掛かってしまいます。

さらにNOZZE(ノッツェ)では成婚料が必要な為、費用で選ぶならゼクシィ縁結びカウンターがおすすめ。

結婚相談所の会員数比較

結婚相談所名会員数男女比主な年齢層公式サイト
詳細記事
ZWEI (ツヴァイ)29,236人男性:50.2%
女性:49.8%
男性30代:45%
女性30代:51%
楽天オーネット49,343人男性:55.6%
女性:44.4%
男性30代:42%
女性30代:53%
パートナーエージェント11,985人非公開非公開
ゼクシィ縁結びカウンター8,700人男性:48%
女性:52%
男性30代:43%
女性30代:66%
エン婚活エージェント24,853人男性:48%
女性:52%
男性30代後半:24%
女性30代前半:35%
NOZZE(ノッツェ)約40,000人男性:60%
女性:40%
非公開
IBJメンバーズ約60,000人非公開男性30代前半:28%
女性30代前半:38%
サンマリエ非公開男性:57%
女性:43%
男性40代前半:17%
女性30代後半:22%
SEISHIN(誠心)7,264人男性:49%
女性:51%
非公開
MARRIX(マリックス)約7,000人男性:48%
女性:52%
非公開

会員数が一番多いのはIBJメンバーズ。IBJメンバーズは30代の男女が多いので30代と出会いたい会員数重視の人には向いているでしょう。

ただ、多くの人と出会える可能性があるため料金は他の結婚相談所よりも割高なので費用を抑えたい人には合わないです。

会員数が多く料金を抑えたい人は、楽天オーネットなら会員数は約1,000人ほど少なくなりますが年間利用で17万円ほど安く抑えることができます。

結婚相談所の成婚率比較



結婚相談所名成婚率成婚退会者平均活動期間公式サイト
詳細記事
ZWEI (ツヴァイ)17.9%5,259人4カ月
楽天オーネット11.9%5,880人9カ月
パートナーエージェント27.2%3,264人2〜3カ月
ゼクシィ縁結びカウンター22.9%約2,000人6カ月
エン婚活エージェント約20%4,970人5カ月
NOZZE(ノッツェ)非公開非公開6カ月
IBJメンバーズ51.5%30,900人5カ月
サンマリエ非公開非公開6カ月
SEISHIN(誠心)非公開非公開非公開
MARRIX(マリックス)非公開非公開非公開

※成婚率=成婚退会者数 ÷ 会員数
非公開の結婚相談所も多いですが、公開されている中で一番成婚率の高いのはIBJメンバーズです。
会員数が多く出会いの質にこだわっている結果でしょう。費用よりも多くの会員の中から理想の人と結婚したい人向け。

費用を抑えたい人は、2番目に成婚率が高いパートナーエージェントだと年間費用を16万円ほど抑えることができますよ。
成婚率はあくまでも統計なので、絶対ではありません。理想の人と出会えるかは実際に利用するしかないです。

結婚相談所を比較して選ぶ時のポイント

結婚相談所を比較する時、単純に料金・会員数・成婚率で決めてしまうと「なかなかいいなと思う人と出会えない」「求めているサービスでは無く無駄に時間とお金を失う」という失敗を招いてしまいます。
料金・会員数・成婚率は、もちろん大切ですが比較して選ぶ時に大切なことが他にもあります。

結婚相談所選びで失敗しないために大切な3つのこと

  • ①紹介方法は自分と合っている結婚相談所であるか
  • ②求めているサポートが受けられる結婚相談所であるか
  • ③選んだ結婚相談所に口コミが無くても通う結婚相談所か

結婚相談所は、この3つの条件も合わせて比較し選ばなければ、結婚出来なかったと後悔しか残らない可能性が高いですよ!
多くの結婚相談所では、希望の条件で何人マッチング出来るかなどのマッチングシミュレーションを無料で行ってもらえます。

無理に一つに絞らずに気になった結婚相談所は何店舗でも、シミュレーションを受けに行ってから結婚相談所を決める事をおすすめします。

結婚相談所の紹介タイプを比較

私が紹介した結婚相談所の中には、データマッチング型と仲介型という2つの紹介タイプがあります。

結婚相談所は、あなた専任のコンサルタントが付きサポートや紹介をしてもらえるというイメージをお持ちではありませんか?

このイメージに当てはまるのが、仲介型という紹介タイプです。
そして最近増えてきているのが、データマッチング型と呼ばれる紹介タイプ。どのような違いがあるかまとめてみました。

データマッチング型と仲介型の違い

仲介型データマッチング型
紹介方法仲介人からの紹介コンピューターが紹介
サポート
  • 仲介人からのアドバイスあり
  • 一緒に問題を解決してくれる
  • 柔軟に好みの相手を見つけてくれる
  • サポートはほぼなし
費用
  • 初期費用:20万円〜60万円
  • 月額:15,000円〜50,000円
  • 初期費用:5万円〜20万円
  • 月額:10,000円〜30,000円
デメリット
  • 紹介人数が少ない傾向
  • 担当とやりとりや相談所に行く必要がある
  • 人件費が掛かる為料金が高い
  • 担当によりサービスの質が変化する
  • 融通がきかない
  • 自分のやる気に左右される
  • 気になった人がどんな人か分かりにくい
  • 上手くいかない場合、原因を一人で考える必要がある
主な結婚相談所
  • IBJメンバーズ
  • パートナーエージェント
  • SEISHIN(誠心)
  • MARRIX(マリックス)
  • サンマリエ
  • ZWEI (ツヴァイ)
  • 楽天オーネット
  • NOZZE(ノッツェ)
  • エン婚活エージェント

データマッチング型は、仲介人のアドバイスなしでも自分で動ける人向き。
男女共に年齢や細かい条件で絞って探しがちになりますので、20代や年収の高い人が利用している傾向があります。

反対に、30代以上の方や相談しながら結婚に向けて進みたい人が仲介型を利用していることが多いです。
仲介型は、料金は高くなりますがサポートやアドバイスを受けれる点は一人だと心細くなる婚活には有難い仕組み。

大手結婚相談所と中小結婚相談所を比較

結婚相談所で婚活しようと思うとき、どこの結婚相談所にしようか迷いますよね。結婚相談所に突撃する前に、大手結婚相談所と中小結婚相談所の違いについてご紹介します。

よくネット広告や雑誌などで見かける大手結婚相談所を選ぶのがいいのか、それとも家や職場の近くにある中小結婚相談所が通いやすくていいのか、それぞれのメリット・デメリットは以下のようになります。

大手結婚相談所中小結婚相談所
メリット
  • 多くの会員の中から相手を探せる
  • アクセスしやすい好立地に店舗がある
  • 新規会員の登録数も多い
  • 婚活パーティーなどイベントも多数
  • サポートが手厚い
  • 連盟主催のパーティーなど他の結婚相談所の人とも出会える
デメリット
  • 手厚いサポートに期待できない
  • 料金は先払いが多い
  • 入会審査が厳しい
  • 未経験やアルバイトが多い
  • 担当を変えてもらいにくい
  • 紹介してもらえる人数が少ない

大手結婚相談所と中小結婚相談所どちらを選ぶ?

大手結婚相談所と中小結婚相談所を比較してみましたが、どちらにもメリット、デメリットがあります。
もちろん、全国展開している大手であっても、自分が住んでいる地域にはないというところもあるでしょう。

そうなると、自ずと中小結婚相談所を選ぶことになります。

その場合、気をつけたいのがやはり情報量の少なさです。
長年、地域に根ざして、愛されているお店はいいのですが、中には今の結婚ブームに乗って、ひどい結婚相談所がないとは言えません。
そのような中から結婚相談所を検討する際、重要になるポイントをあげました。

中小結婚相談所を選ぶ時のポイント

  • 連盟に加入しているか
  • 成果報酬型の料金体系か
  • 婚活パーティーがあるか
  • 会社や担当の経歴は信用できるか

中小結婚相談所を決める際は、このような点を見極めて安心して通える結婚相談所を見つけてください。

中小の結婚相談所は、連盟と呼ばれる中小結婚相談所の集合体となっている組織に加盟していて、ネットワークで繋がっていることがほとんどです。
同じ連盟の登録者を紹介し合えたり、合同パーティーを開催しているので大手と比べ極端に紹介人数が少なくなることは少ないです。

※連盟・・・日本結婚相談所連盟、日本ブライダル連盟、日本仲人連盟、良縁ネットなど

結婚相談所を比較した内容をお伝えしました

利用した全員が良いというような結婚相談所なんてありえません。
個人によって、合う合わないは変わるので自分に合う結婚相談所を見つけるには、資料請求や見学に行ってみないと分からないものです。

見学は無料で、見学したからといって入会する必要はありません。
気になる結婚相談所が見つかるまで、全部回ってもいいと思います。

理想の結婚相手を見つける一歩を踏み出し始めませんか?

\この記事で比較した結婚相談所はこちら/
結婚相談所名公式/詳細
ZWEI (ツヴァイ)
楽天オーネット
パートナーエージェント
ゼクシィ縁結びカウンター
エン婚活エージェント
NOZZE(ノッツェ)
IBJメンバーズ
サンマリエ
SEISHIN(誠心)
MARRIX(マリックス)